風しんの予防接種費用の助成を実施します



熱海市では、妊娠を予定している女性と、妊婦の夫や家族、風しん抗体検査を受けて抗体価が低かった方を対象に風しんの予防接種費用の一部助成を行います。
 

風しん(成人)予防接種の公費負担について

妊婦、とくに妊娠初期の女性が風しんにかかると、お腹の赤ちゃんにも感染し、耳が聞こえにくい・目が見えにくい・生まれつき心臓に病気があるなど『先天性風しん症候群』という病気にかかってしまうことがあります。熱海市は妊娠を予定または希望している女性や妊婦の家族、風しんに対する抗体のない方を対象に風しん予防接種費用の一部助成を行います。

<実施期間>                                             

平成28年5月31日まで

<接種対象者> 

①~③のいずれかに該当する方

① 熱海市に住所を有する20歳~49歳(昭和41年4月2日から平成8年4月1日生まれ)の妊娠を予定、又は希望する女性(妊婦を除く)

② 熱海市に住所を有する妊婦の夫(児の父親、婚姻関係は問いません)及び同居家族で20歳以上の方

③ 熱海市に住所を有する方で静岡県が実施する「風しん抗体検査」を受けて抗体価が低かった方(HI法16倍以下、またはEIA法8.0未満)

<接種ワクチン>
MR(麻しん・風しん混合)ワクチンまたは風しんワクチンを1回  

<費用> 
自己負担金3,000円(差額を熱海市が負担します)

<実施医療機関>
熱海市の指定医療機関一覧   

<実施方法>
医療機関に電話をして実施

<必要なもの>
妊娠を予定または希望している女性・・・住所と生年月日が証明できるもの(免許証等)。
妊婦の夫と同居家族・・・妊婦の母子健康手帳と本人の住所と生年月日が証明できるもの(免許証等)。
「風しん抗体検査」を受けた方・・・住所が証明できるもの(免許証等)と「風しん抗体検査の結果について」

このページ内容のお問い合わせ先

部署名:健康福祉部 健康づくり課 健康づくり室